ラッピングしている車の宣伝効果

ラッピングしている車の宣伝効果 ある企業が自社の取り扱っている商品やサービスを多くの人たちに知ってもらいたいと考えた時には、色々な宣伝の方法が考えられます。
宣伝の方法としては、例えばテレビでコマーシャルを流したり、新聞や雑誌に広告を出したり、チラシを配布したりといったものが昔から行われていますが、よりコストパフォーマンスの高い方法として近年注目を浴びるようになっているものに、ラッピングしている車を走らせるというものがあります。
ラッピングしている車の宣伝効果が高いとされる理由としては、例えば若い人たちに向けた商品の宣伝をしたいなら学生街や繁華街に、また主婦層にアピールしたいなら住宅街といったように、ターゲットとなる層の人たちが多くいるような場所を重点的に回りやすいといったことを挙げることが出来ます。
また一度ラッピングを施しておけば、ただ車を走らせるだけで自然と宣伝し続けることができるという点で、費用の点でも効果的な方法だと言えるでしょう。

ラッピングしている車は施工面積で値段が変わる

ラッピングしている車は施工面積で値段が変わる 自動車に車名を入れたり、部分的に塗装を変えたいと思った場合、塗装するのではなく、ラッピングというを方法が用いることが多くなってきています。
これは特殊なシートにプリントした絵や模様、文字などをボディに貼りつけることを言いますが、塗装とは違い後から?がすことが出来るというメリットがあります。
中古車として売る場合には、ラッピングを剥がして元の状態に戻せば買取価格にマイナスの影響w与えることもありません。
ラッピングの値段は施工面積によって異なります。
全面に施工を施した場合は60万円~80万円が相場です。
仮に全面を塗装した場合と比較すると、塗装のほうが安くなります。
しかし、塗装をすればもとに戻すことはできませんし、新車のようにきれいに塗装するのはなかなか難しいです。
そのことを考えれば、高くてもラッピングのほうが良いと言えるでしょう。
またボンネットやルーフなど部分的に施工するのも人気です。
この場合は6~8万円前後の値段になります。



新着情報

◎2017/10/17

ラッピング車両のメリット
の情報を更新しました。

◎2017/8/22

ラッピングフィルムの耐久性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

価格と耐久性
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

車の宣伝効果
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

車のラッピングのやり方
の情報を更新しました。

「車 宣伝」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/ue6wmb9f/b2bwebpromote.com/senden.html on line 148

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%BB%8A+%E5%AE%A3%E4%BC%9D): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/ue6wmb9f/b2bwebpromote.com/senden.html on line 148